必要な期間

合同会社を設立するのに必要な期間について

合同会社は会社法の改正に伴い設立することが出来るようになった新しい種類の会社の形として知られています。会社と言えば株式会社が有名な存在ですが、合同会社は株式会社に比べて様々な点で柔軟に会社のルールを決めて行くことが許されている会社の形です。その特徴的なポイントとしては株式会社では義務付けられている決算公告が義務ではないとされている点や、株式会社では株式と言う単位で平等に行うことが義務付けられている配当に関しても合同会社は定款に定めることで自由に決めることが出来るとされています。また株式会社では株主総会を開いて決めなければならない会社の重要事項であっても合同会社はより容易に決めて行くことが出来るとされています。この様な柔軟な仕組みが特徴になっています。
このため会社を投資を募ることで大きくして行こうとするのであれば合同会社の仕組みは適していないと言えるでしょう。合同会社を設立することによってメリットが得られるのは既に十分に大きくなっており投資よりも自由に会社の方向性を決めて行きたいと考える場合の他、個人事業主として行っていた事業等、小規模に継続して行くことを前提としている場合であると言えるでしょう。これらの事業の場合には株式会社の仕組みは無駄が多く、時として自由な会社経営の足を引っ張ってしまうこともあるでしょう。そのため自由な会社経営のために合同会社の設立を選ぶということも十分に考えられるのです。
この様な会社を設立しようとする場合、必要となる準備期間はそれほど長く確保しなくても大丈夫です。必要書類は定款を含みそれほど厳しい制約は存在していません。自分で作成することも出来ますし、専門家に委託して作って貰えばあまり期間をかけずに準備を完了させることもできるでしょう。定款についても株式会社の様に公証役場に持ち込んで認証を得る必要がありませんので作成を行う上で負担となることは少ないと言えるでしょう。合同会社を設立することによって得ることが出来る様々なメリット、例えば節税効果や個人事業主などに比較しての信用の向上を狙っているのであれば十分に期待に応える結果をもたらすことが出来るものであると言えるでしょう。専門の業者がその気になれば一日で書類の準備を行うことも可能です。会社名や資本金の準備、会社の印鑑の作成等関連する準備が出来ていれば非常に短い期間で会社の設立を可能にすることが出来る仕組みがあると言えるのです。”