設立を任せる

合同会社の設立をお任せする方法

合同会社は新会社法の設立に伴って設立が可能になった新しい会社の形です。ごく一般的な事業目的を持つ企業であれば選択することでメリットが得られる会社としては株式会社と合同会社が主なものであると言えるでしょう。この内最も多く設立されているのは非常に有名な会社の形である株式会社です。株式会社は株式と言う方法で出資を募り、出資者に対して公平に配当を出していくという仕組みで成り立っている分かりやすい仕組みで構成されています。その代わりに会社のルールもしっかりとしており、経営者の独断で決められることにも限界が設けられているのです。将来的に大きな企業に成長させていきたいと言う場合には株式会社の仕組みがどうしても必要になりますが、その様な大きな成長を望んでいない場合などには企業運営が柔軟にこなせる合同会社にメリットを感じる場合もあるでしょう。
この様な事情から個人事業主などの小規模事業者や、小さな店舗経営等の場合には合同会社を設立した方がメリットが多いというケースも存在しています。会社を大きくして行くための基礎となる仕組みよりも、会社を設立することによって得ることの出来る法的なメリットを得ることを重視したいと考えている場合には特に合同会社の仕組みがお勧めできると言えるでしょう。この様な仕組みの中には節税効果の高い内容もありますし、事業上の責任の負担軽減につながる内容もあります。ある程度の事業規模になってくると個人事業主として働くのにもリスクが高くなりすぎる場合がありますので会社設立の必要性が高まってくると言えるでしょう。
この様な会社を作る手続きは自力で行うことも出来ますが、専門の業者にお任せしてしまうことも推奨されます。特に合同会社を作ることを目指す事業の場合には既に何らかの形でビジネスを行っているケースも多く、忙しい中での準備が必要になるのが一般的です。この合同会社の設立手続きは法的な手続きであるという特徴がありますので、その道の専門家である司法書士等にお任せすることで少ない労力で事業の法人化を目指すのが賢い道であると言えるでしょう。この様な手続きは自分で調べながら行うことも不可能ではありませんが非常に時間もかかりますし、ノウハウが無い中で行うと最良の選択をすることも難しいと言えるでしょう。その点専門家は経験豊富でノウハウも持っていますので確実かつ安心な手続きが期待できます。この様なメリットを考えてもお任せするのが賢いと言えるでしょう。”