格安で設立

格安で設立出来る合同会社について

新会社法の施行に伴い設立可能になった新しい会社の形に合同会社が存在しています。この会社は従来の一般的な選択肢であった株式会社に比べても格安での設立が可能な仕組みになっている点が知られており、現状最も安く法人化するための手段としても知られるようになってきました。ごく一般的な事業目的を持つ企業を設立する場合の選択肢の一つとして広く知られるようになっています。この合同会社は株式会社の仕組みに比べて様々な点で柔軟に会社のルールを決めることが出来ると言う仕組みもあるため、この仕組みを都合が良いと感じる経営者にとってメリットの多い会社の形になっています。その上設立費用が格安であるという特徴を持っていますので非常に都合が良いのです。
合同会社の場合、会社法に反する内容でない限りは定款に定めることで会社のルールにすることが出来ます。また株式会社であれば出資者である株主の意見を聞く必要がありますが、合同会社であれば経営者が様々な物事を単独で決めて行くことも出来ます。ある意味では素早い意思決定が行えるということもあり、企業を運営して行く上では非常にやりやすいという側面を持っています。しかし株式会社の様に出資額に応じた配当を義務付ける等の仕組みは存在していないため、営利企業としては透明性に欠けるところもあります。定款に定めればどのような配当の出し方も可能になってしまうのです。そのため広く投資を募ると言う対応は難しいと言えるでしょう。合同会社にもその様なデメリットがあるのです。
しかしながら株式会社等、他の会社組織の設立に比べて手順がシンプルであるという点は非常に魅力的です。その上、設立に必要となる費用が格安であるという仕組みがあるため個人事業主が法人化するための手段としても非常に一般的になっています。これまでの仕事の仕方を踏襲しつつ法人化によるメリットを享受することが出来るようになる点は非常に魅力的であるということが出来るでしょう。この様な会社作りの作業は最終的に地域を所轄する法務局への書類提出で完成します。法的な書類作成が主な内容になりますので、通常の業務が忙しい場合等においては司法書士などが行っている会社設立代行のサービスなどを上手に活用して手続きを進めると言うのも賢い方法であると言えるでしょう。経験豊富なプロですので間違いのない対応をしてくれますし、必要に応じてアドバイスをもらうことも出来ます。”