税制上のメリット

合同会社の設立と税制上のメリットについて

会社を作ると言う作業を行うことで税制上のメリットを得ることが出来ると言うことは広く知られています。そのためある程度の規模を超える収入があるのであれば、会社を立ち上げた方が支払う税金に対して有利な状況が生まれると言うことが実際にあり得ます。この様な仕組みを上手に利用して節税を行うと言うのも会社を作る目的の一つになっています。この時に作る会社は一般的な事業目的を持っているのであれば株式会社や合同会社が検討可能です。一般的には会社を立ち上げると言えばしっかりとした事業拡大を想定して会社を作り大きくして行くことを想像してしまいますが、個人事業主の様な形で事業を行っている人の場合には単純に税制上のメリットを得ると言うことだけを目的として会社設立を検討すると言う場合もあるのです。
以上の様な税制上のメリットだけを得たいと考えている場合、最適な選択肢としては合同会社が挙げられます。合同会社は株式会社に比べて安い資金での設立が可能であるのに加え、会社に義務付けられる様々な義務が免除されている点も非常に大きいと言えます。株式会社は将来的に事業を大きくして行く時に必要な仕組みが整っているという現実はあるものの、数多くのルールにも縛られています。毎年の決算公告が必要であるという点も個人事業主にとっては負担となりますし、出資者がいる場合には配当のルール等も存在しています。一方合同会社であれば決算公告の義務はありませんし、配当に関しては定款で定めることにより自由に決めることが出来ます。何より自分の考え一つで会社を動かしていくことが出来る自由が存在しているのです。この様なメリットが合同会社にはあるため、個人事業主が自身の事業を法人化する場合には最適な仕組みであると言えるでしょう。
具体的な税制上のメリットとして第一に挙げられるのは課税控除の対象の拡大が挙げられます。個人事業主の場合は全ての事業収入は個人口座に入りますので事業収入の申告と経費の申告をして行くことが必要になります。しかし合同会社を設立すれば事業収入は全て法人の口座で管理することが出来ます。またその時に経費として申告できるものに自分自身の取り分に当たる給料を役員報酬として経費にすることが出来るのです。このことは非常に大きなメリットを産みますので、事業が好調であれば会社設立をした方が良いと言えるでしょう。また消費税に関しても設立後一定の期間は減免を受けることが出来る可能性があります。そのため会社設立には税制上のメリットが沢山あるのです。”